初デートで気をつけること

2013/5/10


恋愛経験の少ない男性がやらかしてしまう初デートでの失敗とは?
初デートで相手の女性を楽しませられなければ、デートは失敗に終わります。しかし恋愛経験が少ない男性は、女性の気持ちをよく理解できていないのでミスをしてしまいがちです。
そんな記事がニュースサイト「マイナビ」に掲載されていました。やりがちなミスは主に3つあるそうです。元ネタはこちら

歩くペースが早すぎ

男性よりも歩幅が狭いので、歩くペースを考えてあげないと女性は疲れてします。デート中は普段よりもゆっくりめに歩くようにしましょう。
また、ハイヒールをはいている場合は、途中で「疲れてない?」と声をかけるだけで気遣いができる男だと思われるはずです。

デートコースがかっちりと決まりすぎ

デートのスケジュールを立てること自体は良いことなのですが、1軒目はココで2軒目はココでこの料理を注文して…という具合にあまりにもきっちり決めすぎると、デートを楽しむというよりスケジュールをこなす感覚になってしまいます。
それよりも、あえて未完成のデートプランを作って、デート中に起こる意外な出来事を一緒に体験したほうが思い出になるはずです。

自分のことばかり話すor極端に無口

会話を盛り上げようと努力するあまり、気付いたら自分のことばかり話していた。または会話のきっかけがつかめずにパニックになり、極端に無口になってしまった。これは恋愛経験が少ない男性によくある悩みのようです。
コミュニケーションは言葉のキャッチボールによって自然と盛り上がっていくものなので、無理に盛り上げようとせずに共通点を見つけてふくらませることを意識しましょう。

会話のきっかけは次の中からきっと見つかるはずです。季節、道楽、ニュース、旅、知人、家族、健康、仕事、衣、食、住、この頭文字をとって「きどにたちかけし衣食住」と覚えておくといいですよ。

 

それとこちらの記事も反面教師にどうぞ。

初デートで、何から何までダメな人だった。

車で迎えに来てくれて高速で目的地に向かってたんだけど、高速をおりる時(当時ETCじゃなかった)高速に乗る時に取った券がない!と言い出し、一生懸命ふたりで探したけど見つからず。料金所で、住所氏名勤務先とか書かされてる姿を見て微妙な気持ちになった。

着いた先は植物園。でもその日はけっこうな雨だった。雨の中、傘をさして屋根のない植物園をグルグルひたすら回るだけ。やっと植物園を出たら「日帰り温泉施設に立ち寄る!」と言い出した。私はその日生理だったので「ちょっと今日は・・・」とやんわり断っても「せっかくだから行きましょう。ちょっとだけでも」「前に行ったんだけどすごく良かったんですよ!」と絶対に譲らない。ここらへんで、丁寧な口調と柔らかな物腰で自分の意見を押し通す人だと気づき、嫌いになってきた。

極めつけは、帰りの高速で事故った(ちょっと擦った程度だけど)相手にお金を渡してる姿を見て完全にイヤになった。「あとであれこれ言われても困るから、お金を渡すんじゃなくて警察に連絡して保険会社を通した方がいいんじゃないですか?」と言っても「いいんです、大丈夫です」と言い張るし。

おそらく彼の中では初デートのプランが決まっていて、当日が雨だろうが相手が嫌がろうが、変更は受け入れられなかったんだろうなと思うけど、30にもなってそれじゃどうしようもないと思って、最初で最後のデートにさせてもらいました。



関連記事

Sponsored Link