婚約指輪の相場はいくら?平均カラット数や給料3ヶ月分の由来など

2014/3/8


今年2月にモデルの道端ジェシカさんが、恋人のF1レーサー、ジェンソン・バトン氏から推定4300万円の婚約指輪を送られたことが話題になりました。
また、これと同時期に元モーニング娘の高橋愛さんは、婚約者のあべこうじさんから税込73,500円の婚約指輪を贈られたことを報告。ネット上では「安すぎるだろ!」「値段じゃないけど一般人よりはるかに安いね」といった声が、女性ユーザーたちから多数あがっていました。

やっぱり女性は婚約指輪のお値段に敏感なようです。

一応説明しておくと、婚約指輪というのは「エンゲージリング」とも呼ばれていて、男性が女性にプロポーズするときなんかに渡す指輪のことです。
よく「婚約指輪は給料の3ヶ月分」なんて言われていますよね。でも、あれって本当なんでしょうか?

「婚約指輪は給料の3ヶ月分」の由来は?

婚約指輪は給料の3ヶ月分」というのは、1970年頃にデビアスという宝石会社が作ったキャッチコピーです。「ダイヤモンドは永遠の輝き」みたいなのと一緒ですね。
この会社は1950年代に「婚約指輪は給料の2ヶ月分」というキャンペーンをアメリカで行い大儲け。それをそのまま日本に持ってきたというわけです。

なので、「給料の3ヶ月分」というのはまったく根拠がありません。
また、婚約指輪の具体的な金額などはとくに決まっていないそうですよ。

では、婚約指輪の一般的な相場はいくらぐらいなんでしょう?

婚約指輪の相場は?

リクルートが運営する調査組織ブライダル総研が行なった『ゼクシィ結婚トレンド調査2013』によると、首都圏での婚約指輪の購入金額は平均36万6千円でした。

都道府県別だとこんな感じです。
北海道:28万3千円
青森・秋田・岩手:27万5千円
宮城・山形:30万9千円
福島:28万3千円
茨城・栃木・群馬:30万9千円
東京:37万3千円
神奈川:36万3千円
千葉:40万3千円
埼玉:32万5千円
新潟:28万9千円
長野・山梨:28万7千円
富山・石川・福井:27万9千円
静岡:28万8千円
東海:34万0千円
関西:35万9千円
岡山・広島・山口・鳥取・島根:31万7千円
四国:27万2千円
九州:29万2千円

また、下のグラフは首都圏でアンケートを受けた535人の購入金額の割合です。一番多いのが「30~40万円未満」で、次に「20~30万円未満」、「10~20万円未満」と続いています。
婚約指輪 相場

こちらは相手の女性の年代別。
・女性が24歳以下:平均42万9千円
婚約指輪 相場 20代

・女性が25~29歳:平均34万4千円
婚約指輪 相場 20代後半

・女性が30歳以上:平均38万6千円
婚約指輪 相場 30代

婚約指輪のカラット数の平均相場は?

材質は「ダイヤ」が95%だったそうです。

ダイヤモンドなどの宝石にはカラットという質量を表す単位があり、数字が大きいほど高価になります。
婚約指輪のカラット数は「0.2ct~0.3ct未満」が31%で最も多く、次に「0.3ct~0.4ct未満」が29%、「0.4ct~0.5ct未満」が11%という結果に。

いろいろなデータを見てきて思うのは、やはり婚約指輪は高いということです。女性たちはこの高価な贈り物をいったいどう考えているのでしょう?

婚約指輪に対する女性の気持ち

婚約指輪に対する女性の気持ちにもいろいろあるとは思いますが、上のゼクシィのアンケートによると約半数の女性が「婚約指輪に昔から憧れていた」と答えています。そのほか「婚約の証としてつけていたい」という声も多かったようです。

女性にとって婚約指輪はやっぱり重要なイベントみたいですね。

中には男性の経済力や人間性を、婚約指輪の金額で試している女性もいるみたいです。そのぐらいのお金を誰かのために貯金することができないような相手では、結婚後の生活が不安なんでしょう。

ですが、逆に「婚約指輪にお金をかけるのはもったいない」という女性もけっこういるみたいなので、お金に余裕がない場合は、相手の女性がどんな風に考えているのか一度聞いてみるのもいいかもしれませんね。



関連記事

Sponsored Link