スカーレット・ヨハンソンのプライベート写真を流出させたハッカーの手口とは?

2013/5/8


米女優・スカーレット・ヨハンソンのプライベート写真を流出させたハッカーのクリストファー・チェイニー被告に、懲役10年の有罪判決が言いわたされた。
スカーレット・ヨハンソン
チェイニー被告は、50人以上のセレブたちのメールアカウントをハッキングしていたほか、盗聴や不正アクセスなど9つの犯罪容疑がかけられていたとのこと。

その手口とは

チェイニー被告は、まずセレブたちが使っているフリーメールサービスにアクセスして「パスワードを忘れた場合はこちら」をクリック。不正入手したセキュリティ保護の質問に答えてメールアカウントにアクセスし、自分のもとにセレブたちの全メールを転送させる仕掛けとなるバグをアップロードしていたという。

チェイニー被告はこの手口によってスカーレット・ヨハンソンをはじめ、クリスティーナ・アギレラやミラ・クニスなどのプライベート情報を不正に入手し、一部のファイルをインターネット上に流出させていたのです。
クリスティーナ・アギレラミラ・クニス

FBIによって逮捕

昨年10月、FBIのハッカラッチ作戦(ハッカー+パパラッチ)と名付けられた大規模なセレブ狙いのハッキング捜査によって、チェイニー被告は逮捕されました。

最初に被害にあったセレブ

CNNによれば、ハッキング被害にあった最初のセレブはパリス・ヒルトンという話です。2005年に彼女の携帯で撮影された写真がハッキングされた事件で、その時の携帯のセキュリティ質問の答えは、彼女の愛犬の名前だったと言われているます。

今後はパスワードだけじゃなく、質問の答えにももっと気を使ったほうがよさそうですね。
スカーレット・ヨハンソンスカーレット・ヨハンソン



関連記事

Sponsored Link