映画『黒執事』水嶋ヒロのギャラ・出演料はいくら?

2013/6/6


2014年に公開する水嶋ヒロさん主演の映画『黒執事』が注目されていますね。

水嶋さんは、プロデューサーの方に「水島さんがやらないのなら映画化はしない」と主演を懇願され、今回3年ぶりに俳優業に復帰。役作りのために体重を50キロ台まで落とし、約4ヶ月間のアクション練習を経て撮影に挑んだそうです。

水嶋ヒロ黒執事

ギャラはいくら?

撮影期間は1か月半ということですが、出演料はどのくらいなんでしょう?

ネットで調べてみましたが、日本の映画は出演料が公表されることはないようです。ただ、いくつか参考になる情報はありました。

2009年に公開された『なくもんか』でギャラの未払い訴訟が起こりました。これによって4番手ぐらいのポジションで出演した塚本高史さんのギャラが546万円だったと公になったんです。
塚本高史

また関係者の話によると、主演クラスは撮影のための拘束期間が1カ月ほどで1000万円が相場だそうです。でも、これは全国公開が決まっているような場合で、単館上映の場合は主演でも300万円程が相場だとか。

『黒執事』の配給はワーナー・ブラザースで全国公開が決まっています。水嶋さんの撮影期間は1か月半なので1500万という感じでしょうか。
 

それと、出演料は前作までの実績で決められるそうで、人気がある限りはギャラが下がることはないという話です。

水嶋さんの前回の主演作『BECK』は、興行的にはまずまずと言ったところみたいですね。現在どのくらい人気があるのかよくわかりませんが、3年ぶりの復帰ということで注目度はかなり高いと思います。

これを加味すると水嶋ヒロさんの『黒執事』のギャラは、だいたい2000万円くらいですかね。あっ、でも水嶋さんに出演してもらうために、プロデューサーが何度も通ってお願いしたらしいのでもっと上かもしれません。
 

ちなみにハリウッド映画の場合は1本20億円を超えると言われています。
レオナルド・ディカプリオの『インセプション』のギャラは約40億円。

ディカプリオ

ロバート・ダウニー・Jrの『アベンジャーズ』のギャラは約50億円。

ロバート・ダウニー・Jr.
まさに桁違いですね。

水嶋ヒロ



関連記事

Sponsored Link